« 「働くを哲学する」 L&M 小笹社長 講演 その2 | トップページ | 北海道・支笏湖に行って来ました。 »

「働くを哲学する」 L&M 小笹社長 講演 その3

15の「働く哲学」

【仕事の哲学】

1.働く目的は自由を得ることである

  「労働は苦役なり」ではなく、仕事を通じて信頼を重ねれば
  自由を得られる

2.信頼は約束と実行から生まれる

  信頼残高を積んでいく、繰り返すことで自由を得られる。 
  例)遅刻しない
  できそうな約束をいくつも結び、達成することで短期に信頼
  構築が可能で、その戦略サイクルを構築していく

3.仕事の報酬は仕事である

  良い仕事をすれば、新たな仕事がくる。
  そして自己成長。その結果、更に良い仕事が舞い込んでくる。

4.仕事の醍醐味は心の持ち方で決まる

  つまらない仕事など存在しない。全ては自分の心の持ち方次第。
  「これを超えてやがて・・・」と信頼を勝ち取ろう。

5.若い頃に与えられる仕事は偶然である

  
P.ドラッカーは「くじ引きである」といった。
  若いうちは仕事の割り振りに意味などない。
  自分で正解にしていくのみ。

【成果の哲学】

1.時間は長さではなく、濃さで価値が決まる

  L&M社では、1年を4つにわけて、年末年始休暇を4回設けている
  のは有名な話。人は差し迫らないと本気にならない。3ヶ月を1年と
  して会社運営をしている。

2.結果を出すには、まず原因を作る

  先に結果を求めない、原因の種を多く蒔け。

3.成果の質は、圧倒的な量から生まれる

  同じ仕事を繰り返すことで、質に転化していく

4.努力は運を支配する

  努力が認められれば、周囲の協力が得られる。努力と運とは
  無関係ではない。
  例:イチローは努力の鬼。そして支援者が出てきて、一段上
    に引き上げてくれた。

5.ピンチはチャンスと捉える

  ピンチに見舞われた時には、「ちょうど良かった!」と言うそうです。
  「そして、これをきっかけに・・・」と前向きな気持ちで挫折に向き合う。
  谷のときに前向きに捉えられるか。

【関係の哲学】

1.全ての人が学習材料である

  ロールモデルは不要。周囲のあらゆる人から貪欲にスキルを盗め。
  誰からでも学べる。ロールモデル式は、モデルになりうる人が居ない
  と成立しない。そうやって迷っている人が多いような。

2.対立する筋力を鍛えよ

  例:瞬発力と持久力、ハートとロジカルなど
  自分の価値を多角的に高め、代替不可能なオンリーワンの存在になれ。
  強みを伸ばすことに加えて、反対側も鍛える。”I company”に通じる
  僕の場合、右脳と左脳でしょうか。

3.非言語コミュニケーションの影響力を知れ

  「伝える」だけがコミュニケーションではない。「伝わったこと」が全て。
  笑顔で講演をすると、聴衆も笑顔になる。それを見て講演者も笑顔と
  なって相乗効果が生まれる。

4.「つもりの自分」と「周囲に移っている自分」のギャップを埋めよ

  周囲からのフィードバックを謙虚に受け止め、常に変化することが
  成長へと繋がる。
  う~ん。ちゃんと受け止めて自分で認めることは大切ですね。

5.自分の言動が変われば 人間関係も変わる

   

他人は変えられない。自分は変えられる。まずは自分の言動を
    変えてみよ。その方が簡単で、効果がありますね。

これら哲学の説明が講演の最後の方だったため、早口になっていた
のが残念。いつかお会いして、それぞれの哲学について質問してみたい
です。

|

« 「働くを哲学する」 L&M 小笹社長 講演 その2 | トップページ | 北海道・支笏湖に行って来ました。 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「働くを哲学する」 L&M 小笹社長 講演 その2 | トップページ | 北海道・支笏湖に行って来ました。 »