« 千住真理子さんの講演会へ。 | トップページ | 都会のアクアリウム »

木更津の里山で、自然と戯れる。

先週末は、コーチ仲間達と木更津の里山で焚き火を囲んで
語る会に参加。夏からコーチ仲間が暖めていた企画。

木更津は遠いようで、実はアクアラインを使う高速バスが、
横浜、川崎、品川などのターミナル駅から出ていて、1時間程
で着くので意外と近い。

泊まったのが、江戸時代に立てられた古民家「佐平館」

Image196_2 Image209_3 Image210_2

Image195 Image193 Image194

 

周りにはこんな風景が広がっています。木更津駅から車で20分もかから
ないくらいのところに広がる自然。

Image197 Image198 Image200

Image201 Image199 

開発されないようにと、土地を買い取ってそのままに残してあるそうです。

夜は今回のスーパーコーディネーターよしださんが手配してくださった
樽生ビール(業務用)。

ビールがこんなにうまいとは!

そして知り合いのお肉屋さんで手配した、特上の肉、肉、肉+海産物。
皆、ハイエナのように群がって、飲んで、食べました

(夢中になって、写真を撮るのを忘れました)。coldsweats01

そして焚き火を囲んで、深夜まで語り合い。

Image204  Image207_2


一夜明けて、翌朝は竹林から切り出した竹で作った器で、そうめんをいただく。
そして、地元産のあさりの味噌汁が、二日酔いの体に染み渡って・・・

Image203_2 Image208

 

今回、そうめんの茹でと、あさりの味噌汁作りを担当したのですが、
一発で完璧なゆで加減。

そして、目分量ですくった味噌の量がバッチリ。大好評でした。
料理人の素質があるかも!?

そして、旅のあとには木更津の方言で「砂はらい」の儀式へとおごそかに移動。
(単に迎え酒とも、打ち上げとも言う)

レトロな昭和の食堂での「砂はらい」では、珍しいクジラのカツを注文。
すると、お店の人が「クジラの刺身もあるよ~」と。

Image213

生まれて初めて食べました。深い滋養のありそうな肉汁が口の中に
広がって、体の隅々の細胞まで行き渡る感覚。

もう最後まで素晴らしい時間でした。

月曜朝の出勤が、辛かったこと!
やはり、自然はいいですね。素に戻れるなぁ。

Image212

|

« 千住真理子さんの講演会へ。 | トップページ | 都会のアクアリウム »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千住真理子さんの講演会へ。 | トップページ | 都会のアクアリウム »