« 『最後の授業』を読んで、観た | トップページ | 「報道の半分は明るいニュースに」 ルーマニア »

レンガの壁

『最後の授業』 を読んで、一番心に響いた一節があります。

『夢をかなえる道のりに
 障害が立ちはだかったとき
 僕はいつも自分にこう言い聞かせてきた。』

レンガの壁がそこにあるのには、理由がある

 僕たちの行く手を阻むためにあるのではない。

 その壁の向こうにある「何か」を

 自分がどれほど真剣に望んでいるか、

 証明するチャンスを与えているのだ。

なんだか、レンガの壁に出会うのが、ワクワクしてきました。

       

Bricks_3

 

|

« 『最後の授業』を読んで、観た | トップページ | 「報道の半分は明るいニュースに」 ルーマニア »

こんな本を読んでみた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505958/41717782

この記事へのトラックバック一覧です: レンガの壁:

« 『最後の授業』を読んで、観た | トップページ | 「報道の半分は明るいニュースに」 ルーマニア »