« 『八重洲口』はオランダ語!? | トップページ | イメージできると実現する »

ホスピタリティ~シンガポール航空のスイートクラス

Photo_5 Photo_4

突然ですが、個人的に「ホスピタリティ」にとても興味があり、
色々と体験したり、調べたりしています。

特にホテル、飛行機、レストランでのサービス体験をあれこれ
比較したりするのが好きで、

「本当に心地よいサービスとは何だろう?」

というのがマイテーマです。

中でも、シンガポール航空のホスピタリティ(もてなし)は自分の中
でピカイチの存在。

まず機内に一歩踏み入れた瞬間に感じる、落ち着いた雰囲気、
香り、CAの笑顔が他社とは全然違う。一度だけ、ビジネスクラスで
シンガポールから帰国するラッキーな出来事がありました。

座席の快適さ、食事の美味しさも去ることながら、乗務員のホスピ
タリティに感動した記憶があります。

そのシンガポール航空では、総2階建て飛行機として有名な最新鋭
のエアバス380を東京~シンガポール間に5月20日にデビューします。
先週、赤坂で実物の座席が一般公開されていると聞き見に行ってきました。

このエアバス380では、ファーストクラスを超えたスイートクラスがあり、
これがなんと『個室』。寝るときは壁に収納されたベットが引き出され、
それはまるでホテルの一室でした。

見学者の人だかりがすごくて、座席の写真を撮るのがやっと。
それはまるで空の上の高級応接セット。

こんな快適な「スイート」で、シンガポール航空のもてなしを受けられたら、
それこそ天にも昇る気持ちになるのだろうなぁ。想像しただけで幸せ。
3年後までに、きっと乗ろう!

 

 

 

|

« 『八重洲口』はオランダ語!? | トップページ | イメージできると実現する »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505958/41004438

この記事へのトラックバック一覧です: ホスピタリティ~シンガポール航空のスイートクラス:

« 『八重洲口』はオランダ語!? | トップページ | イメージできると実現する »