« 心和むコーチング研修の同窓会へ | トップページ | 引き寄せの法則!? »

『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか』 城繁幸氏講演会


『内側から見た富士通「成果主義」の崩壊』

『若者はなぜ3年で辞めるのか』の著者である

城 繁幸氏の講演を紀伊国屋ホールに聴きに行きました。

城氏は「日本企業における年功序列は若手時代の成果に対する

報酬を将来の出世で受け取るシステム」だと言う。これは、経済

成長が右肩上がりという前提があり、終身雇用が保証されなくなった、

現代の日本企業においては「ネズミ講」だと看破する。

また日本人の年間総実労働時間は欧米より400時間多く、

これは産業革命時代のイギリス炭鉱労働者と同じ!とのこと。

もっと多様な働き方、生き方を自分自身で考える時期に来ている

のではないかと考えさせられた講演でした。

是非、これから就職を考える若い世代の人たちに城氏の

著書を読んで欲しいと思います。

|

« 心和むコーチング研修の同窓会へ | トップページ | 引き寄せの法則!? »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505958/40884405

この記事へのトラックバック一覧です: 『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか』 城繁幸氏講演会:

« 心和むコーチング研修の同窓会へ | トップページ | 引き寄せの法則!? »